離婚問題

 夫婦として連れ添ってきたパートナーとの離婚を決意する。その理由は様々だと思います。浮気、暴力、性格の不一致、家庭を顧みない言動など。

 

 どのような理由にしても、離婚を決意された方にとっては、相手方との話し合いにより円満に別れることがべストであることは言うまでもありません。しかし、実際には、当事者間での話し合いでは離婚に応じてもらえないこともありますし、離婚自体には応じてもらえるとしても財産分与や親権などといった点で協議が整わないこともあります。また、例えば、DV事案や相手方が行方不明である場合などのように、そもそも話合いすらできないこともあります。

 このような離婚を巡る問題が現実化した場合には、自ら解決を図ろうとすると、感情的な対立などによって、かえって事態が紛糾してしまいかねません。また、紛争がいまだに現実化していない場合でも、証拠を収集するなど今後の紛争に備えておくことに越したことはありません。 いずれにしても、このような離婚紛争については、法律の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

 

 当事務所では、離婚を巡る様々な法律問題を解決するためのお手伝いをいたします。離婚を決意された方はもちろんのこと、相手方から離婚話を切り出された方も、お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 離婚の手続はこちら

 

 弁護士費用はこちら

 

 お問い合わせはこちら

 

 Q&Aはこちら

 

▲このページのトップに戻る