交通事故

 横断歩道を渡っていたら車に轢かれた、自転車を運転していたら横から出てきた車に轢かれた、車やオートバイを運転していたら車線変更してきた車にぶつかった等々。

 

 事故の大小にかかわらず、交通事故に遭われた経験をお持ちの方は少なくはないと思います。そして、交通事故が発生した場合、その多くが、被った損害についての賠償の問題が発生することになります。つまり、一般の方にとって一番身近に発生しうる法律的な問題が交通事故を巡る賠償の問題といっても過言ではありません。

 

 

 皆さまもご存じのとおり、現在、多くの自動車が強制保険である自賠責保険に加入しているほか、示談交渉代行付きの任意保険にも加入しております。そのため、交通事故に遭われた被害者の方が事故による賠償金の支払いを受けるにあたっては、その多くが保険会社の担当者との間で交渉をすることになります。            

 

 しかし、交通事故の被害者は賠償問題について素人であるのに対して、保険会社の担当者は、この分野に関しては玄人といっていい存在です。そして、ご自身で保険会社と交渉をする場合には、保険会社側は、必ずと言っていいほど、裁判上で認められている基準とは異なる保険会社独自の基準で算定した金額で交渉を進めることになりますが、通常、この保険会社側の独自の基準に基づく保険金額は、裁判上で認められる金額よりも低額となることがほとんどです。そのため、専門的な知識のない方が保険会社と交渉をすると、しばしば、適正な賠償額よりも低額な金額で示談を成立させてしまうことがあります。    

                      

 また、そもそも交通事故を巡る賠償の問題には、後遺障害等級認定、基礎収入の算定、労働能力喪失率、傷害慰謝料の算出方法、過失相殺などといった法律的論点を多く含んでおりますし、近年に至っては、低髄液圧症候群などといった難しい後遺障害の問題も提起されてきております。                                                       

 

 このようなことから、保険会社との交渉にあたっては、専門的な知識をもった弁護士に依頼しなければ、とても満足な賠償額を受け取ることはできません。しかも、弁護士に事件処理を依頼したとしても、その費用については、裁判上では相手方に請求できるものですし、また、あなたが弁護士費用保障特約付きの任意保険にご加入されているのであれば、通常300万円の範囲で、あなたの保険会社が弁護士費用を支払いますので、被害者ご自身には経済的負担がほとんどかかりません。                                          

 

 

 当事務所では、保険会社から適正な賠償額の支払いを受けるためのお手伝いをいたします。不幸にも交通事故に遭われた方、お一人で解決を図らず、当事務所までご相談ください。

 当事務所では、交通事故の被害者の方については初回の法律相談料(30分)は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

 

                                                      

                                                                  

 弁護士費用はこちら                                                

 

 お問い合わせはこちら                                    

 

▲このページのトップに戻る